トップページへ  メールお問い合わせ  カワチ画材Facebook

額装例のご紹介

イラスト、ポスター、写真など平面なものやスカーフ、刺繍などの布地、造花やその他想い出の品々など立体物などのカワチ画材で実際に額装した例を種類別にご紹介いたします。

カワチ画材の額装ご紹介

布・スカーフ・刺繍などの作品の額装ご紹介


京都永楽屋の手ぬぐい額装

手ぬぐいで有名な京都永楽屋さんの手ぬぐい額装です。





京都らしい町並みや名所、舞妓さんのモチーフも多種類あり、目を楽しませてくれます。





縦型の額装は竹内栖鳳とのコラボレーションの図柄。



市川團十郎とのコラボ手ぬぐいなどもあります。

図案のすぐれたデザインが海外の観光客にも好評でこれからの季節、お気に入りの手ぬぐいをアートとして飾ってみては如何でしょうか。



廃校校旗の額装

守口市内9校の小中学校が廃校となり、その校旗を記念として残すための額装依頼です。




それぞれの学校の歴史を見守ってきた旗。色も校章も様々なデザインでカラフルですね。











房の部分は4~5本ずつ纏めて縫い付けています。上の辺の房が垂れない様に慎重に、慎重に・・・。



縫い付ける土台は白い布をベニヤ板に貼ったもので、結構大変な作業です。




床から照明をあてて開けた穴に針を通していく作業を続けます。




旗というのは当然両面から見るものなので豪華な刺繍が施された布が袋合わせとなっていますから、縫い付けるのが大変なのです。


表面に埃がつかない様にアクリルガラスを入れ、立体額装で仕上げました。




各々の学校の想い出が少しでも綺麗に残るようにとの想いで作業に当たりました。



欧風刺繍の作品

サイズの大きな欧風刺繍作品です。




ワインレッドと黒色のマットを重ねて楕円計にカットして額装しています。

フレームは重厚なヨーロピアン調のゴールド色が一段と作品を引き立てています。

刺繍糸の風合いがアクリルガラスで押し潰されない様に同じくゴールドのエッジライナーを入れています。



《水谷涼子様作品》


ラオスのお土産物の額装

ラオスでお求めになられたお土産物。




広告の紙を細く巻いた物をぐるぐると渦巻き状にまとめ、それをまた1個ずつ繋いだもので、『鍋敷き』なんだそうです。

全く現代美術にひけをとらない仕上がりに驚くばかりです。


少し浮かせて、シンプルなツートンカラーの立体額に入れてみました。これは納得の出来栄え、大変喜んで頂きました。

旅行で買われたお土産物に光を当ててみませんか?



海外には日本人の発想とは違った素敵なアートがいっぱい埋もれています。




刺繍作品

オーダーフレームから作品に合わせて木彫の彫りが入った落ち着いた雰囲気のフレームを選ばれました。




アンティークな図柄の刺繍作品

幾何学模様とアルファベットの組み合わせが美しいアンティーク柄の刺繍です。




スウェードマットにウッドフィレ(木製面金)を付け、額縁は作品の色調に合わせて

シックに纏めました。ゆったりとした広目のマット幅は作品を格調高く演出してくれます。


派手過ぎず、存在感のある額装に仕上がりました。



衣装の額装

お客様からのご依頼で映画「バイオハザード」でミラ・ジョヴォヴィッチ演じるアリスが劇中で着ていた衣装を額装いたしました。


衣装は数か所縫い止めをして固定しています。


左側には金属プレート、写真を入れています。


絵だけでなく、衣装など布作品も額装を承っております。


ご掲載をご了承いただきましたお客様にはこの場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。


袱紗(ふくさ)の額装

今回は結納の時に使う袱紗の額装です。




四つ角の房も見えるようにとのご要望でしたので
深さのある額縁をご用意しました。


袱紗と表面のアクリルガラスとの間に桟を入れて
密着しない様に工夫しています。

ベースの布貼りベニヤ板に一針ずつ縫い付けて固定。




脱落していた房も修復して仕上げます。



裏面は金糸で家紋が刺繍されてあり、想い出もひとしおです。





箪笥にしまい込んでいる
むかしむかしの思い出を額装して見るのは如何でしょうか。



刺繍作品額装

オーダーフレームから作品に合わせて木彫の彫りが入った落ち着いた雰囲気のフレームを選ばれました。



大きなレース刺繍の額装

長い間テーブルセンターとして使ってこられた想い出の詰まったレース刺繍を
カントリー調の白いフレームで額装致しました。



サイズが大きい為、ベースはシナベニヤ板を使用。


やわらかい色調の布を表面に貼りこみ、一針ずつ縫い止めしていきます。

布地を貼り込んだベニヤパネルに極細の目打ちで下穴を開け、縫い付けていきます。

何度も立てかけてみて 重力で下がる様を確認しながら糸を打つ位置を追加して縫い付けます。
ただひたすら根気のいる作業です。

仕上がり画像は、映り込みが無いようにアクリルガラスを外して撮影しています。

絵画だけが作品ではありません。
家族の想い出が掛け替えのない作品として仕上がりました。

スカーフ額装

スカーフの大きさは約600×600㎜、金色で渋めのオーダーフレームで額装しました。

スカーフのシワを伸ばすのは、7㎜厚のボードにピンで留めて固定しました。



長尺染色作品の額装

長い染色の布作品です。

ちりめん素材の為裏打ち加工を施して額装しました。



アクリルガラスを入れず布地が直接見える様にとのご要望でしたので、

軽量なPPプラバールというプラスチックの裏板を使い、額縁全体の重量を軽く仕上げています。





暖簾(のれん)の額装

閉店された中華料理店の暖簾を額装しました。

長年お店を守り続けた想い出の暖簾。



使用されていた通りに暖簾を伸ばすと大き過ぎますので、
今回は折り畳んで店名がバランス良く見える様に致しました。


布地を貼り込んだベニヤパネルに極細の目打ちで下穴を開け、縫い付けていきます。


作業時は寝かせているので皺が気にならないものの、
立ててみると重力で暖簾に皺が入ったりしますので注意が必要です。


実際はアクリル板を前面に入れていますが、画像は撮影様にアクリルガラス無しで撮影しています。
想い出の詰まった品が立派な『アート』に変わりました。


クリスマス柄の刺繍

クリスマス柄の刺繍を入れました。


赤いフレームを希望されたので新規フレームの赤で額装しました。


競争馬のゼッケンを額装

武豊騎手乗馬の競走馬「ポルトフォイユ」のゼッケンを額装しました。
ゼッケンはフェルト製


他に所有しておられる競走馬のゼッケンと入れ替える為、マジックテープでバックボードに張り付くよう加工しています。


手ぬぐい額装

てぬぐいサイズぴったりの額縁がありますが、少しサイズが大きい、、、という方もいらっしゃいます。
てぬぐいのデザイン全てを見せる必要がなければ、横長サイズの額縁に入れることもできます。
この額装例ではフレーム内寸200x500mmのものを使用しています。


てぬぐいサイズに比べると大きなサイズ違いとなりますが、一部のデザインを見せるのではあれば、コンパクトに収めることが出来ます。


この額装例では、額縁の本来の色は乳白ですが、アクリルガッシュで色付けしました。
(当店ではリペイントの作業は受け付けておりません。)
お客様で額縁をアレンジするのも楽しいことかもしれません。


手ぬぐい額装

お気に入りの手ぬぐいを額装しよう


まずは気になる折りじわをアイロンで若返り加工。
はい。随分、若返りました。


張り込みようのボードを用意します。
角をカットしておくのがポイント。(角が尖っていると痛めるのでカットしておきます。)


張り込み完了


ここからメインの額選び。。
中の色に合わせようかな?好みのデザインにしようかな?


中の色味に合わせて、かわいらしく仕上げました。




手ぬぐいを額装

タンスの中に直されていた手ぬぐいも額縁に入れれば、いつでも眺められます。
手ぬぐいを入れる額縁は和風からモダンまで種類は幅広く扱っています。(種類によっては、お取り寄せ商品となります)
額縁に入れる時は、手ぬぐいの、しわを伸ばします。別の台紙に巻き込んで、少し引っ張りながらテープで止めていきます。
専門のスタッフが、いろいろとアドバイスさせていただきます。




スカーフ額装


フレームは数ある種類の中から、スカーフの色合いや図柄に合う様に豪華な銀色で波目模様のイタリア製のオーダーフレームを使用してみました。
裏側に薄い紙に糊を着けてしわを伸ばしていく裏打ち加工を行います。価格はフレームの種類、仕様とスカーフの加工の違いにより変更します。
額の中にお入れする作品の現物をお持ち下さいませ。
専門のスタッフが、作品が額縁に合う様にアドバイス致します。




スカーフ額装


45cm角のスカーフの額装例です。
きれいなデザインのスカーフも広げて額縁に入れるとアート作品のインテリアです。
90cm角サイズのスカーフと比べて小さなサイズですので、額装を楽しみやすいサイズではないでしょうか。




スカーフは布製品のため、そのままではシワが入り美しく飾れませんので、シワをのばしてパネルへ糊付けした裏打ち加工を施します。
今回の額装例では7mm厚のパネルへ糊付けしています。
裏打ち加工後のサイズは裏打ち前のサイズとは異なるため、加工後に改めて採寸し、額縁をお作りしますので、お渡しまでは約1ヶ月となります。(納期は目安となります)




シルクスカーフ額装




スカーフ額装・シルクピン止め例

まずはシワを伸ばす為にアイロンがけをします。
アイロンがけの後はスカーフの大きさに合わせてカットした7mm厚のボードを用意します。




ここで、シルクピンの登場。
まずは四隅をシルクピンで仮止めし、バランスを見ながら1cm間隔でチクチク。




張り終わったら額縁に入れて完成。




パピルスを額装

パピルスの端の風合いを出してみました。
ベースの台紙(マット)は濃い目の色を持ってくる事により、パピルスの端のギザギザ感が目立つ様にしました。
額縁は、ほんの一例です。
四隅に古代色の金を塗った、茶色でアンティーク風な額縁を使用してみました。




ユニフォームを額装


特注のユニフォームなども丁寧に縫い止め加工を施して額装致します。




ユニフォームとフレームの間のマットはなしでの額装です。

ユニフォームと同色のフレームがご希望で、企画寸法でしたのでコストダウンでお作りできました。
APJフラットパネル B3(ホワイト・レッド・グリーン・イエロー・ブルー・ブラック)使用
守口店ではお取り寄せです。







カワチ画材

大正9年にカワチ画材は大阪に店を構えました。
以後、関西の美術活動を様々な形でささえ、お客様本位に徹する気風は変わりません。
伝統を守りつつ、いつも新しい。
それが私たちの誇りです。

カワチでは御客様が大切になさっている様々な物を、美しく、大切に額装致します。
思い出の品、記念品、手作りのお気に入りや渾身のオリジナル作品など写真や版画・油絵に留まらず、お皿やレリーフなどの立体物からスカーフや帯地、日本手拭や各種刺繍などの布地物まで様々に承っております。
勿論、御客様の様々な御希望など伺いながら、大切な物にもお部屋にも美しい額装をご提案申し上げます。
さらに専門的な保存額装の御要望にもお応え致します。
まずはお気軽に御相談下さい。



お問い合わせ先

額縁、額装に関するお問い合わせは、最寄りの各店舗までお電話いただくか、メールにてお問い合わせくださいませ。
メールでのお問い合わせのご返信は、後日担当者が確認後のご返信となります。
お電話でのお問い合わせは、各店舗営業時間内となります。

メールでのお問い合わせは下記のメールアドレスをクリックしてください。

gakubuchi@kawachigazai.co.jp

カワチ店舗お問い合わせ先

東急ハンズ心斎橋店 営業時間10:30~21:00(日曜日は20:30まで) 電話番号06-6252-5802

阪急三番街店 営業時間10:00~21:00 電話番号06-6372-3888

あべのHoop店 営業時間11:00~21:00 電話番号06-6625-1800

東急ハンズ三宮店 営業時間10:30~20:30 電話番号078-333-1358

カワチ店舗案内

カワチ各店舗では額縁のご注文を承っております。
場所や営業時間、店内の様子などは下記のボタンを押してご覧下さい。




額縁につきまして




カワチインターネットサイト