トップページへ  メールお問い合わせ  カワチ画材Facebook

額装例のご紹介

イラスト、ポスター、写真など平面なものやスカーフ、刺繍などの布地、造花やその他想い出の品々など立体物などのカワチ画材で実際に額装した例を種類別にご紹介いたします。

カワチ画材の額装ご紹介

立体物の作品の額装ご紹介


厚みのあるシャドーボックスの額装




作品がパリの夜景をモチーフにしているため、フレーム・サイドマットの色を濃いブルーにして風景の広がりを出しました。







馬の蹄鉄の額装

馬の蹄(ひづめ)を守る為の蹄鉄(ていてつ)を額装しました。




アルミニウム合金と鉄の2種類。現在は軽量なアルミニウムが主流のようです。



接着剤等を使用しないようにとのご要望により、釣糸に使われる透明のナイロンテグスで引っ張りバックボードに固定しています。




カーブしている部分の突起が引っかかるようにボードを少し削ってはめ込みました。




立体物の額装はBOXタイプのフレームが便利です。




正面と側面が色違いのツートンカラーのフレームで仕上げています。






真鍮製メダルの額装


卓上に立てて置かれるということで深型のフレームに額装しました。



直径 80mm  厚み 10mm




メダルを取り外しされることもあるとのことでしたので接着方法ではなく

メダルの厚み分のスチレンを切り抜き別珍布で埋め込みました。



額縁内側のサイドマットも別珍布の色に合わせております。





七宝焼の額装

上品なお花柄の七宝焼作品です。




スタックフレームという額装方法です。




2種類の額縁を重ね合わせてちいさな作品にボリュームを与えています。




白とシルバーの対比が美しい組み合わせで額装しました。  大きな外枠と小さな枠の間に本来はアクリルガラスが入る様になっていますが、 撮影で反射してしまうので今回は外しています。






小さな枠の細かいシルバー色のデコレーションパターンがアクセントとなっています。





木彫レリーフ作品の額装

「不思議の国のアリス」を題材とした木彫レリーフ作品の額装です。




3点の連作なので杢(もく)の突板が美しい茶系のフレームで纏めました。






作品は木材の色を活かした淡い着色となっており、このやわらかな風合いを壊さないように作品との明度差が出来るだけ少ないデザインを選びました。




このように半立体作品も様々に額装出来ますのでどうぞお試しになって下さい。




タイルの額装

英国陶芸家協会作家クライヴ・ボウエンの作品10枚を5枚ずつ2枚のフレームで額装しました。






タイルの並べ方で印象も変わりますので、慎重に順番を決めます。




イングランド南西部の赤土で焼かれた作品は個々によって反りがあるので、指定の布を貼り込んだシナベニヤパネルにタイル専用(変成シリコーン系)接着剤で接着加工していきます。








全体の重量が重くなってしまうので今回はドッコ式の桟で壁面にかける方式をとります。  手にしている棒の部材が壁面側。額の裏面の斜めにカットしたパーツと噛み合わせることで壁に額縁を掛ける事が出来ます。






アクリルガラスは反射するので、今回はタイルが剥き出しになる状態での額装となりました。






七宝焼や絵皿、木彫作品なども様々額装出来ますのでお気軽にお申し付け下さいませ。




雑誌を額装

マイケル・ジャクソン特集のLIFE誌を額装しました。

バーコード値札のついたビニール袋のまま入れて下さいとのご依頼でした。




色違いの同型の額縁を組み合わせ、重厚感のあるフレームにしています。




画像ではわかりにくいですが、3㍉厚のアクリルガラスでLIFE誌を挟み込み、バックボードから 浮き上がるようにして額装しています。(ムーンウォークのイメージで・・・・。)




マイケルが表紙の左に寄っているため、わざと左側の余白は右より広くとっています。




ヘアラインの入ったメタル調のマットをバックボードに使って黒い雑誌を引き立たせています。

みなさんも本棚に眠っているお気に入りの写真集をごそごそ引っ張り出して 一度額装してみては如何でしょうか。新たな感動が蘇ってくるはずです。




折り鶴額装

折り鶴で作った一文字アートを額装させて頂きました









櫛と笄(こうがい)の額装

代々お家に伝わった髪飾りを額装しました



固定はマットに糸で縫い止めで固定しました。



額縁は、深さを付けてオーダーフレームで合わせ、マット色も明るい目の色で選んでみました。




アクセサリー作品の額装

ボックス型の額縁に前面ガラス下へカットへいれて、マットにセットした作家さんの作品を一番下に入れてみました~



前面にカットマットがあるので、奥行き感がさらに増して見えるように思います。

ボックス型のフレームへただ入れるのではなく、カットマットを入れてアレンジしてみてください!




形見の品の額装

お母様のお形見の品々を額装させて頂きました。



思い出の品々をベースにテグス固定致します。

空間をとる加工をし、立体額装させて頂きました。




3Dキャンバス(20cm角)用のアクリルフレーム

カワチオリジナルの3Dキャンバス(20cm角)専用のアクリルフレームのご紹介です。



ボックス型で透明のアクリル製のフレームですので、サイドもしっかりと見えます。

背面にはビス止め用の穴が4か所あいており、ビスで3Dキャンバスを固定します。



スライド式の構造になっています。




うちわ額装

地元の祭りで使用した思い出のうちわを3点まとめて額装したいとご依頼。



ひもは外させて頂き、柄の部分を接着します。

アクリル板2枚で空間を作り、立体物を固定するパーツを使いシンプルモダンな額装に仕上げました。



鋳造されたレリーフの作品

金属レリーフの作品をガラスなしのシンプルなフレームで纏めてみました。



レリーフの色合いと調和した擦り出しの銀箔仕上げがアクセントとなっています。

臙脂色のスウェード布地を貼り込んだベース材に裏側から金具で固定。

フレームの形状が館のようでもあり、厳かな雰囲気を醸しだしています。



金属扇子の額装

店頭にサンプル展示している扇子の額装を見られてのお申し込みでした。



ベルベットのベースに金属の扇子が固定されており、それを既製サイズの油縁に入れています。

既製サイズより少し小さかったので額内の側面に表からは見えないくらいに

厚みを持たせ扇子の土台板が動かないようにしています。



コスプレアイテム額装

阪急三番街店の店内にてソフトボードで作ったコスプレアイテムのサンプルを額縁に入れて飾っています。



アクリルやガラスなどのダストカバーは入れずにしています。

ホコリなど汚れがでますが、ダストカバーがないと作品の厚みなど気にせず飾ることが出来ます。

サンプルはベースマットに縫い止めで固定しています。

※サンプルの展示は予告なく終了となる場合がございます。



立体作品額装

ブロックで作った作品を既製品のボックス型の額縁に入れました。



マットはアクリルの下に入れてシャドーボックス調に仕上げてみました。

ブロック作品は裏板と固定しています。



蝶の標本風陶器作品




お客様があらかじめ縫い付けて固定するように
蝶の胴体部分に糸を通す穴を空けて作品を作ってこられました。


その穴を利用させてもらい糸で縫い付けして固定

そのあとお客様持参の虫ピンで標本っぽく装飾しました。






こちらの作品のお客様のWebサイト「月原の森」



ハンケシ額装



掘ったハンケシと摺った作品をまとめて一つの額にいれました。




能面の額装



額縁の色は茶色で四隅に金色のアンティークな色で合わせました。

能面の淡い色合いを引き立たせるのに、ベースの色は濃い目の紺で合わせ、深さがあるので、額縁を10CM程深くして作りました。



立体作品額装

お客様の立体作品の額装をご紹介いたします。

仏像・仏画に施されいる金箔による装飾技法「きりかね」を用いて制作されている鷲尾美陽子様の作品です。


作品を浮いたような状態にするためにアクリルに接着して高さを出しています。

作品自体が立体物になりますが、アクリルでさらに高さがありますので、ボックス型のオーダーフレームにお入れしました。



キーハンガー額装

このまま飾ってもお洒落なキーハンガー


額装でひとつにまとめお洒落なインテリアのアクセントに




木彫の作品の額装

額縁は手作り一品物で、四辺を組み上げてから色を塗ってます。


色は銀色、木彫のベースには強弱を付けて緑色で合わせました。


作品の立体感を出す為、額縁に深さを付け奥行きを出しました。



珊瑚に毛糸を付けた立体作品



珊瑚の部分が木の枝のように曲がっているのでマットに糸で縫い付けでは固定が難しく

通常お皿を固定するL型フックで下、左右、手前にも動かないようにしています。

上に引き抜けば取り外しも可能です。



こちらの作品のお客様のWebサイト「月原の森」



キャンバス額装

最近は厚みのあるキャンバスに側面を利用した作品が多くなってまいりました。


側面部分も見せる為、空間のあるBOXフレームに額装する事が多いです。


ベースの白ボードの裏面よりビスで作品を固定します。


モダンなシンプル額装の完成です。



蛇の抜け殻の額装

縁起物の蛇の抜け殻の額装です。



抜け殻全体に湿気を与えて形を整えるのですが意外と難しい。


うねって蛇が移動する様を出しながら、決めたサイズの中に収めなければなりません。

中央から両サイドに向かって徐々に伸ばして行きます。


固定は無酸性の両面テープで細かく。
防虫剤を固定パネルいの裏面に貼り付けて虫の対策を施します。


金箔仕上げのシンプルな額縁に華やかな金襴の布地を合わせています。



メダル、ゼッケンの記念額装

お客様からお預かりしましたトライアスロンのメダル、ゼッケンなどの額装です。

既製のボックスフレームへお入れいたしました。

メダルのリボン、リストバンドはベースマットへ縫い付けで固定しています。

ゼッケンは裏側で額装用テープ止めしています。

メダル部分は重みがあるので両面テープでしっかりと固定しています。

思い出のお品をひとつの額縁へ収めました。



インテリアトレー

一見、装飾的な額縁に見えますが

四辺の額縁棹の組み方を変えると、物置き仕様にもなります。

額縁棹を使った、おもしろい飾り方のひとつです。



メダル、プレートの記念額装

お客様からお預かりしました2015年大阪マラソンのメダルの額装です。

ご夫婦でご参加された記念での額装で、メダルの他にプレートとネームプレートを
ひとつのボックスフレームへ額装してます。

ベースマットにはスエードマットをお選びいただき、プレートは縫い止めで
メダルは丸くカットした裏側で固定しています。

額縁はボックスフレームなのでこのような立体物でも額装することができます。



モルフォチョウ額装

モルフォチョウの羽で出来た色鮮やか作品

一時、海外土産で凄く人気がありました

かなり繊細ですので、額装する際は慎重に慎重に



お皿の簡易的な額装例

お皿の額装を簡単に出来ないかと考えました。

お皿は深くなく、重すぎないものを選び、額縁は既製の額縁です。

お皿の背面に両面テープをつけたスチレンボードを貼り付け
ベースマットの中央を切り抜いて後ろでテープ止めしました。

お子様が使っていたプラスチックのお皿や浅く軽いお皿などでしたら
既製の額縁でご自身で簡単に額装できると思います。



標本額装

見る角度で色が変わる玉虫色の『ヤマトタマムシ』

額縁はシンプルな既製品ですが、一細工で色んな物が額装できます。



ガラス細工作品を額縁に

おはじきのような小さなガラス細工をマットボードにボンド接着・・・・。



立体的なので額縁の表面のアクリルガラスが作品に当たらないよう
マットボードとスチレンボードで立ち上げ加工をしています。


身近な思い出の品もこのようにまとめて飾れば圧巻です。


200㍉角やハガキサイズのミニサイズ額で仕上げました。



アクセサリーなどもこの方法で飾れますよ!!


(平澤津英子様作品)



ステンドガラスを額装

フレームは木製で色は渋めの、こげ茶色で合わせてみました。

ステンドガラスは裏側からも見える様に、細い角材を使い絵具を塗って固定しました。



とっておきの記念品を飾ろう

長野冬季オリンピックでドイツチームが宿泊したホテルからのご依頼。

ペナントと全選手のサイン、ピンバッジ、観戦チケットを1枚の額に。

ペナントへのサインは紫外線による影響で消えかかっていました。

今回はUVカットのアクリルガラスで作品を保護しています。

ご依頼主:白馬サンバレーホテル 支配人 坂本守様。



スニーカーの額装


お子様の小さなスニーカーの御依頼です。
白の額縁にベースの色は黒の布地を使い、コントラストを付けました。

側面まで見せる額装

先日お客様よりお預かりしました切り絵の作品をシンプルな白い額縁に額装しました。

側面まで切り絵の部分があるので、側面も見えるよう額装したいとのことでしたので、作品の裏面でビス止めして固定したものを額縁にいれました。


パネル作品なので厚みがあるため、額縁のアクリル板を固定するためにサイドマットを施してます。


サイドマットを施すことで、箱状の額縁が出来上がります。
額縁の横から見ますと、側面も見えるようになってます。




額縁をディスプレー台として使う







絵を入れて飾るのが額縁の役目ではありますが、立体作品を演出するディスプレー台としての活用方法もあります。
美術作品のみならず、旅客機のコレクションモデルなども飾ってみてはいかがでしょうか。
作品に埃がかからない様にアクリルBOXをご用意する事も可能です。

陶器製の太陽の顔を額装

陶器製の太陽の顔を額装 お客様のご要望で、裏面も見えるようアクリル板を裏板に使用しています。
プレートホルダーで固定し、独立して置けるように奥行きのある額縁に額装しました。

扇子額装


和の扇子に洋の額縁で合わせてみました。
白色で内側に銀色が入ったシンプルな額縁に、スウェードの紺のマットで額装してみました。

ハンドメイドのレリーフ





錫で出来たハンドメイドのレリーフ。3ミリ弱の錫板に着色が施されています。
落ち着いた雰囲気のシルバーフレームで纏めました。

小さなステンドグラス

小さなステンドグラスの作品を手彫のフォトフレームに入れてみました。
作品の固定は強力な両面テープを表から目立たないように貼っています。

造花を額装

厚みの有る物も額縁に入ります。額縁は油絵用の規格サイズの額縁を使用し、ベースにはベージュ系のスウェードの台紙に、造花を糸で縫い止めして固定しました。
ガラスやアクリルは入っていません。
入れる事も可能です。
額縁や台紙も、いろいろと組み合わせが出来ます。まずは、作品の現物をお持ち下さいませ。




思い出額装(靴)

初めて歩いた娘の、思い出の靴を額縁に入れてみました。
額縁はアイボリー色の明るい色目を使用しました。文字は紙を切ってから、浮かして立体的にして写真を貼りました。
マットの色はベースに紺色を持ってくるとピンクの淡い色と相対して、はっきりとします。
靴のピンクと合わせ、マットはピンクと赤を内側に入れる事で引き締まります。




押し絵作品の額装例です。



写真で見るよりも立体感がありますので、作品保護のアクリルガラスが当らない様にスペーサーを入れて仕上げます。画像は反射が起きないようにアクリルガラスを取り外した状態で撮影しております。
春の情景にあわせてシンプルなブルーの額縁でまとめました。
※額装作品ご協力 菅田豊子様

【押し絵とは】
布細工の一種で,人物や花鳥の形を厚紙でつくり,裂(きれ)を押しつけて張り,その間に綿を入れて高低をつけて仕上げたもの。古く中国から渡来した細工技法で,正倉院の御物のなかにも祖型的なものが見られる。この細工は江戸時代に入って流行した。羽子板に応用したものを押絵羽子板といい,文化・文政(1804‐30)ころから当時流行の押絵細工をとり入れて人気俳優の似顔などを写したものが登場した。そのほか手箱のふたや壁かけ,絵馬などにも用いられ,江戸時代には家庭婦人の手芸の一つとしておこなわれた。




シャドーボックスの額装例







繊細で尚且つ奥行きが必要なシャドーボックス作品。
オーダーフレームならば奥行きの加減も自由に調整で出来ます。シルバーやゴールドの面金付のマットを画面の周囲に付けたり、額縁が直接作品の周囲を縁取るデザインまで、様々にコーディネート致します。

【シャドーボックスとは】
17世紀のヨーロッパで流行したデコパージュ技法の1つ。
デコパージュとは切り抜く、切り裂くなどという意味です。紙に描かれた模様や絵の切り抜きを何層にも切り重ねて立体的な作品に仕上げていくものです。




ロシアのイコンの額装例





15㎜前後の板絵で作品に接着材を使用出来ない為、エンジ色のスウェード布をシナベニヤ板に貼り、立体額装の半透明な専用金具で固定しています。

【イコンとは】
イエスキリスト、聖人、天使、聖書における重要な出来事やたとえ話、教会史上の出来事を描いた絵画である。(主に平面が多い。)







カワチ画材

大正9年にカワチ画材は大阪に店を構えました。
以後、関西の美術活動を様々な形でささえ、お客様本位に徹する気風は変わりません。
伝統を守りつつ、いつも新しい。
それが私たちの誇りです。

カワチでは御客様が大切になさっている様々な物を、美しく、大切に額装致します。
思い出の品、記念品、手作りのお気に入りや渾身のオリジナル作品など写真や版画・油絵に留まらず、お皿やレリーフなどの立体物からスカーフや帯地、日本手拭や各種刺繍などの布地物まで様々に承っております。
勿論、御客様の様々な御希望など伺いながら、大切な物にもお部屋にも美しい額装をご提案申し上げます。
さらに専門的な保存額装の御要望にもお応え致します。
まずはお気軽に御相談下さい。



お問い合わせ先

額縁、額装に関するお問い合わせは、最寄りの各店舗までお電話いただくか、メールにてお問い合わせくださいませ。
メールでのお問い合わせのご返信は、後日担当者が確認後のご返信となります。
お電話でのお問い合わせは、各店舗営業時間内となります。

メールでのお問い合わせは下記のメールアドレスをクリックしてください。

gakubuchi@kawachigazai.co.jp

カワチ店舗お問い合わせ先

東急ハンズ心斎橋店 営業時間10:30~21:00(日曜日は20:30まで) 電話番号06-6252-5802

阪急三番街店 営業時間10:00~21:00 電話番号06-6372-3888

あべのHoop店 営業時間11:00~21:00 電話番号06-6625-1800

東急ハンズ三宮店 営業時間10:30~20:30 電話番号078-333-1358

カワチ店舗案内

カワチ各店舗では額縁のご注文を承っております。
場所や営業時間、店内の様子などは下記のボタンを押してご覧下さい。




額縁につきまして




カワチインターネットサイト