トップページへ  メールお問い合わせ  カワチ画材Facebook

額装例のご紹介

イラスト、ポスター、写真など平面なものやスカーフ、刺繍などの布地、造花やその他想い出の品々など立体物などのカワチ画材で実際に額装した例を種類別にご紹介いたします。

カワチ画材の額装ご紹介

ポスター・色紙・イラスト・写真などの平面的な作品の額装ご紹介


ジョアン・ミロ版画作品の額装

ミロの版画作品の額装です。



購入された時に入っていた額縁から新たな額へ入れ替えてもらいたいとのご依頼を受けました。

長期保存に耐えうる額装をご希望でしたので、内部の資材も保存額装仕様で製作しています。

作品劣化の原因は紫外線と裏板等の木材から発生するリグニン等の酸性物質。

今回はオプティアム・ミュージアム・アクリルという世界の有名美術館で採用されているUVカットアクリルガラス3㍉を使用して紫外線を99%カット。

反射光を1.5%以下に抑える為、周囲の映り込みがほとんどありません。

マットボードは無酸性で大気中の悪性ガスを吸着して吐き出さない性能を有しています。

裏板も有害なガスを出さないアーカイバルフォームボードを使用。

額縁の素材である木材から出るリグニンをシャットアウトするため額縁内部のシーリングテープ加工も施しました。

高価な美術作品の保全にも当社は力を入れて取り組んでおります。


水彩画の額装

水彩絵具で描いた絵を、規格サイズのマット付の額縁に合わせてみました。



マット色は淡いクリーム色ですが、他の色にも変更出来ます。

押し絵の作品

卓越した技術の押し絵作品です。7名の登場人物に躍動感があり、衣服の色遣いも絶妙。



日本髪の美しさが映える様に落ち着いた『根来色』の額縁で、マット部分は図柄の赤が映える様にモスグリーン色で纏めました。

マットの色を決める場合、絵の中の「ひといろ」を取り入れると違和感無くまとまる場合が多いですね。


《菅田豊子様作品》

ブラックボード額装



今流行のブラックボードをゴージャスなフレームで額装しました。






アニメセル画の額装

セル画と下描き用紙を一緒に額装してほしいとのご依頼でしたので、『ブラック・ジャック』の名の如く全体を『黒』で纏めてみました。



選択したフレームは側面にも模様が施されているデザインが特長的な商品です。



リネンの黒色布マットとフレームの内側に共通のシルバーラインのウッドフィレをつけることで主人公の知的なイメージを演出しています。

コースター額装

ミュシャのコースターをまとめて額装しました。



細身の装飾的な額縁と中間色であるグリーンのスウェードマットを使用し名画に合う豪華な雰囲気で額装しました。




版画作品の額装






ポストカード額装

思い入れのあるポストカードを豪華に額装したいとのご依頼。






華やかなシルバーのフレームに作品の中からイメージしたカラーマットに木製のマット面先加工仕様で仕立てさせて頂きました。





キャンバス額装

キャンバスを浮かして、ベースの色は緑で合わせてみました。



側面も描かれていますので、隠れないで見えます。




B5サイズのパネル作品

2種類別のオーダーフレームを選びシルバーのほうを内側のライナーとして重ねて額装。



ゴジラっぽいゴツゴツフレームがぴったりでした!




色鉛筆と水彩画を額装

フレームは落ち着いた感じのオーダーフレームで合わせました。



マットはWマット(2枚重ね)にして絵を引き立たせました。




草花のポストカード

すべてポストカードで、高級感のある仕上がりがご希望でしたのでシンプルのなかにも品のあるシルバーで仕上げました。






フライヤー額装

好きなアーティストのライブフライヤーの額装依頼。



ジャスト入れのシンプル額装パターン。


イメージに合わせたフレーム、ダブル額装パターン。

最終後者の額装になりました。



色鉛筆画を額額装

色鉛筆で描いた絵を、ピンク色のオーダーフレームでシンプルにポップな雰囲気で合わせてみました。



多穴マットの額装例

マットにひとつだけの窓を空けるのではなく、複数の窓をカットして空ける多穴マットですと、ひとつの額に複数の作品を飾ることができます。



複数の額縁に入れて飾るのも良いですが、記念の写真や連作などひとつの額縁に作品を入れると迫力もあり、おすすめです。


裏面見せ額装

海外土産のキャンバス作品



通常のキャンバスより厚みがあります。


裏面のサインを見せたいとのご依頼。サインが見えるようキャンバスを固定するベースをくり抜きます。

表からは分かりません。作品の雰囲気に合わせたフレームをチョイス。

もちろん裏面はサインが見えます。


木版画をモダンなフレームに入れる

アクリルガラス2枚で挟んだシンプルな額縁に木版画を入れてみました。



モダンなデザインに日本古来の伝統芸能が光ります。


ウォールナット(胡桃)材の上品な色合いにコーナーの真鍮ネジが秀逸です。


1円玉で簡単に作品の出し入れができます。


手作り一品物

同じ形の額縁でも色が違えば、見た目も大きく変わります。



色サンプルに合わせて、指定の色に仕上げられます。







花札の額装

「ゲゲゲの鬼太郎」花札です。



オーダー額がご希望で、フレームのデザインと金色マットを気に入っていただきました。

マットの窓は垂直カットしており、花札をはめ込んでいるだけで、のちに取り外しができるように裏止めしておりません。



版画の額装

かわいい版画の作品を白と赤いフレームに額装しました。



額縁はコモドというアンティーク調の落ち着きのある枠なので版画の雰囲気と合いました。



ポストカードの額装

ポストカードの裏面に厚みのあるスチレンを貼付け、浮いているように飾りつけています。

厚みのあるボックス型のフレームには立体物だけでなく、このような飾り方もできます。



子供の絵の額装

今は立派に成人された娘さんが幼い頃、気ままに描かれた絵だそうです。

うーん。現代作家の作品と見紛う程の出来栄えです。

赤いラインのデザインがモダンな額縁とグリーンとワインレッドのダブルマットで仕上げました。

画面の白い点々とマットの切り口の白を合わせ

全体の明度(明るさ)に気を配りながら作品の色合いが映える様に考慮しています。



年末も近づき大掃除の季節。ご家族の隠れた『画伯』を発掘されては如何でしょうか。

版画額装

古い版画を渋い金のフレームとマットもシンプルにベージュ系で合わせてみました。


アンティークな小物などと、一緒に飾ると特別な小物となります。



切り絵額装

とてもシンプルですが、切り紙作品にマットと渋青のフレームに入れました。


作品は絵具で描き金縁を金の切り紙となっています。



切り絵(剪紙)の額装

洋間にも似合う、ツートンカラーの木製フレームでコーディネートしてみました。


切り絵は繊細な作品の為、取り扱いに注意が必要です。


アクリルガラスの静電気でも簡単に浮き上がってしまいますので、台紙に糊付けされている作品の上にまずアクリルガラスを当て、その上にマットボード、最後にマットボードも保護するアクリルガラスをもう一枚おいて仕上げます。



ポスター額装

小さなポスターを2枚、額に入れます。



木目調の銀色の額縁でマットは2㎜の厚のマットを使いバランスを
上下にずらしてレイアウトしました。





ナチュラルフレーム

フクロウの写真でしたので野性的に見えるオリジナルのナチュラルフレームで額装してみました。



シンプルな枠はニスが塗られていないので作品に合わせて着色もしていただけます。



A5・A4はスタンドタイプ、SM・F4・F6は壁掛用です。






切手の額装

切手5点を同じ額、同じ色でというご希望でしたが揃わなかったので、あえて全部、額の色とマットの色を替えました。
インテリアフレームというシンプルな枠ですが枠色とマット色で渋さが出たと思います。







魚拓の額装

お子さんが釣った魚をカラー魚拓したものを、シンプルにデッサン額にマット入れて額装しています。






レコードジャケットフレーミング

『ジャケ買い』という言葉が浸透しているようにCDやレコードジャケットには心ゆさぶる何かがありますよね。



そのまま飾るのも良いですが、額に入れると更に魅力的になりますし、保護の役目も果たしております。




フレームの種類によって、見栄えも随分変わります。




是非、お好みのフレームでお部屋のアクセントにいかがでしょうか?



古地図の額装

額装されることの多い地図は、どのようなフレームに入れても違和感なく、同時に合わせるフレームによって印象が大きく変わるモチーフといえます。
こちらは古い地図をイメージして額装しています。




トランプの額装

お客さまの話ですと世界に100個しかないサッカーのトランプだそうです。
オーダーで額を作ってマットに1枚づつ貼り付ける形になりました。
トランプの入っていた箱も一緒に額装することになりましたのでサイドマット加工をしてBOXフレームのような形にしています。



まずマットに一枚ずつ並べて貼っていきます。
トランプを綺麗に並べる際、先にマスキングテープを真っ直ぐに貼り直線のラインを作って
一枚一枚貼っています。横隣は定規で測って貼っています。
お客さまに取り外すことはないとお聞きしましたので両面テープで貼っています。




次にサイドマットを作ります。
台紙と同じ色のマットを空間持たせたい分の幅にカットして額のサイドに貼り付けるのですが
先にアクリル板をセッティングしてからサイドマットを貼り付けます。
サイドマットは普通のアルファマットとトップマットを貼りあわせて厚くしています。
アクリルや裏板が沈みこまないようにできるだけ厚くしました。




プレートを箱の下にレイアウトしました。


スウェードマット


お手軽な既製サイズの額縁もマットボードの色使いで華やかに生まれ変わります。
あえてダークカラーのスウェードマットで花の色調を際立たせました。




オーダーフレーム


蓮の花とぴったりなオーダーフレームでオリエンタルな雰囲気が際立ちます。
個性的なデザインのフレームで額装できる点がオーダー額の醍醐味です。




デッサン画の額装例

額縁のコーナー模様が特徴的なアンティークフレームで飾るのも素敵ですね。




車海老の色紙絵の額装例



活け車海老の透き通ったイメージを重視して、洋間でもマッチする2種類の額縁を組合わせて額装しました。
この様なフレームの事を「スタックフレーム」や「ダブルフレーム」と呼んでいます。




日本画の額装例


シンプルで高級感のあるチューリップウッドのフレームで纏めてみました。日本画作品ですが、洋間でも飾れるモダンなデザインを選びました。




「貼り絵」の作品


デニム布地のマットボードに4個の穴を開けて作品を配置致しました。お客様のご要望により少しずらしてトリミング。手書きの題名が作品の温かさを引き立てています。




同じ形の金と銀の色違いの額縁で、ポスターを額縁に入れてみました。


額縁は金と銀の箔を塗っています。サイズは四つ切(424×348㎜)でポスターは「ゴッホ」のキャンバス張りポスター
額縁とポスターの間に入れるマットは、白とアイボリーの同じ質感の布マットの内側に細い金と銀を付けました。
それによって、締まった感じが出ます。




額とマットでこんなに変わる!

マチスの名画でいろんなパターンの額装をしてみました。
額はシンプルな細身の黒と少し雰囲気のある上品な茶色の2パターン。マットはスタンダードな白と黒。金魚がメインとなるので同系色の赤系と反対色の緑系の系4色。
印象が異なる8パターンの額装が仕上がりました。







カワチ画材

大正9年にカワチ画材は大阪に店を構えました。
以後、関西の美術活動を様々な形でささえ、お客様本位に徹する気風は変わりません。
伝統を守りつつ、いつも新しい。
それが私たちの誇りです。

カワチでは御客様が大切になさっている様々な物を、美しく、大切に額装致します。
思い出の品、記念品、手作りのお気に入りや渾身のオリジナル作品など写真や版画・油絵に留まらず、お皿やレリーフなどの立体物からスカーフや帯地、日本手拭や各種刺繍などの布地物まで様々に承っております。
勿論、御客様の様々な御希望など伺いながら、大切な物にもお部屋にも美しい額装をご提案申し上げます。
さらに専門的な保存額装の御要望にもお応え致します。
まずはお気軽に御相談下さい。



お問い合わせ先

額縁、額装に関するお問い合わせは、最寄りの各店舗までお電話いただくか、メールにてお問い合わせくださいませ。
メールでのお問い合わせのご返信は、後日担当者が確認後のご返信となります。
お電話でのお問い合わせは、各店舗営業時間内となります。

メールでのお問い合わせは下記のメールアドレスをクリックしてください。

gakubuchi@kawachigazai.co.jp

カワチ店舗お問い合わせ先

東急ハンズ心斎橋店 営業時間10:30~21:00(日曜日は20:30まで) 電話番号06-6252-5802

阪急三番街店 営業時間10:00~21:00 電話番号06-6372-3888

あべのHoop店 営業時間11:00~21:00 電話番号06-6625-1800

守口店 営業時間10:00~20:00 電話番号06-6994-0351

東急ハンズ三宮店 営業時間10:30~20:30 電話番号078-333-1358

カワチ店舗案内

カワチ各店舗では額縁のご注文を承っております。
場所や営業時間、店内の様子などは下記のボタンを押してご覧下さい。




額縁につきまして




カワチインターネットサイト